スライドショーには、翻訳の字幕を入れていません。鑑賞の仕方は自由です。
モノクロの写真、サウンド、表情、語りのすべてを、まずは何にもとらわれず感じるままにご覧下さい。
必要に応じて、その後スライドショーの横に流れるメッセージをご参照ください。

星野文紘
羽黒山伏
1946年山形県出羽三山羽黒山宿坊「大聖坊」の三男として生まれる。 1971年東洋大学文学部を卒業後、「大聖坊」十三代目を継承し、「秋の峰」に初入峰、山伏名「尚文」拝命する。 2007年「冬の峰百日行」の松聖を務め、2008年より「松例祭」所司前を務める。 2000年より三日間の大聖坊山伏修行も実施。また各地で修験道の講演をし「こころ」「いのち」「健康」「農業」「芸能」の重要性を訴える。 現職:出羽三山神社責任役員理事、出羽三山祝部総代、多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員、NPO法人公益のふるさと創り鶴岡理事、明治大学野生の科学研究所研究員など。